イワタニのカセットコンロ「マーベラスⅡ」を塗装してみた件

アウトドアで人気のイワタニのカセットコンロ

ちょっとしたキャンプや屋外でさっと持っていくには便利ですよね!

初代「マーベラス」には2色あるのに、2代目「マーベラスⅡ」は1色のみ…
しかも、シャンパンゴールド

自分が持ってるギアには合わないと感じて塗装を決意!
先人たちの知恵を借りるも、

・リベットが取れない
・バーナー部分が取れない

ということで、そのまま塗装されている方もいました。

できるだけきれいに塗装したいのでその部分をクリアできたので方法をお伝えします。

分解できるように作られていないので、作業する場合は自己責任でお願いしますね。

Sponsored Links

マーベラスの塗装必要な工具は?

特殊な工具は必要ありません。
でもバーナーを取り外すときに小さなドライバーが必要になります。

  • +ドライバー
  • ラチェットバーナーを取り外す
  • 電動ドリル
  • レンチ

これだけあれば十分です。
後は、ネジがたくさんあるので、マグネットの受け皿があると便利です。

 

マーベラス2 を分解

それでは各パーツを分解していきましょう。
簡単な所はステッカーを外します。

新品(メーカー希望小売価格20000円)を外すので、罪悪感しかありませんが…。

まずはトップカバーを外します。

これは簡単に外れるので、支えている棒もドライバーで外しておきましょう。
下の風防リングは丸いつまみを回すだけで簡単に外れます。

ここまでは、簡単!

次は、止まっている、フックやラッチのリベットを外していきます。
買って一度も使わず(メーカー希望小売価格20000円)、これを外す恐怖…

もう後には戻れません 汗

えーーーい!


ドリルで丸い部分をグリグリすると、ぽろっと外れます。

想定外で簡単に外れてくれました!

 

ここが意外と難しい

リベットが外れたら後は下のコンロ部分。
難しかったのは2か所

 ・つまみを外す部分
 ・バーナーを外す

特にバーナーを外すのは難儀しました。
指が太いのでなかなか細かな作業ができないのですw

つまみ部分を外す


矢印の方向に向け、そのあと少し戻すとつまみは外れます。

この感覚がわからなくて、危うくつまみを潰してしまうところでした!

買ってそうそう、使えなくなると涙ものなので気をつけてくださいね。(メーカー希望小売価格20000円)

 

バーナーを外す

バーナーの下の部分にネジが2つあるので、ラチェットタイプのもので外してください。

これ組み付けるとき大変です。
ネジ全然うまくはまってくれませんでした。

後、気をつけてほしいのは真鍮部分


この部分は折れ曲りやすいので、外した時は慎重にしてください。
気を抜くとクネっと折れ曲がってしまいます。

これですべて取り外せれば塗装に移ります。

Sponsored Links

マーベラス2の塗装

塗装を始める前に、トップカバーの文字を消します。

そのまま塗装して、うっすら残るのも嫌ですしね!


家にあったこのコンパウンドを使って文字を消しました。

あー完全にアウトです!

もう失敗が許されない領域に踏み込んでしまいました。
負けられない試合がここにある!

塗装にはアサヒペン クリエイティブカラースプレー 31バニラマット(ツヤ消し) 300ml を使いました。

バニラ色がおしゃれだったのでこれに決定!

耐熱の方がいいと思いましたが、今使っても不具合はありませんでしたよ!

近くの広場で塗装を開始。


ムラにならないように少しずつ何度も重ね塗ります。

初期のプレーステーションみたいですね。
丁度、ラッカー1本使い切りました。

ここから、組み直していきます。

 

外したリベットをつける

今回使ったのはこのネジ


平ネジを使う方が目立たないので良いと思います。
ホームセンターで200円くらい。

ここまで来るとやっと生還できた気分です!
後は火がつくかどうかを確認して終了。

無事火が付きました。

ふーこれで一安心

色を変えてかなり自分好みに!
実際やってみて、リベットの部分が気がかりでしたが、意外とスムーズにできました。

 

取っ手部分もカスタム


取っ手部分がさみしかったので革を巻いてみました。
素人が作ったので今一つですが。
用意するもの
・革(東急ハンズのワゴンセールで購入300円)
・マクラメ用のロウ引き紐
・縫い針(大きいサイズ)
・ハンマー
・ピック
・カッター

縫い針や紐は家にあったものをそのまま使っています。

革を取っ手にまきつけて、ある程度サイズを決めます。
切った後に通す穴をメジャーで下書きします。

5mm感覚でしるしをつけて行きます。
ピックとハンマーで打ち付けて穴をあけましょう。

カッターナイフを使って穴を少し広げます。
そのあとは縫い合わせて完成!

 


 

実際作ってみて、新品の塗装を取ったり、リベット外したり、分解していくのは壊したらどうしようと思いが強すぎて内心ドキドキでした。
作業に取り掛かると思っていた以上に作業が進んだので安心しました。

色はバニラ以外の候補では、ブラック、オリーブもありかな。

くれぐれも作業する場合は自己責任でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です