ゴールゼロでなくLedlenser(レッドレンザー)ML4にしたわけ

車を持たないキャンパーにとって軽いのは正義です。

バイク旅、自転車旅もするのでできるだけ装備は軽い方が良いわけで。
そして価格も重要です。

ゴールゼロを買おうとしたら、値段が爆あがり8000円してて却下。

そんな中、目をつけたレッドレンザーML4

結果便利なランタンでした。

Ledlenser(レッドレンザー)ML4

ドイツ生まれのポータブルライト専門ブランド、レッドレンザー。

重さは71g

サイズ:直径29 x 高さ97cm 
なので手に収まるサイズ感

キャンプの室内灯、自転車の点滅灯としても使えます。

Ledlenser(レッドレンザー)ML4の照射モード

4つの照射モードがあります

Power

高出力で明るく点灯
野営の移動で足元を照らすのに十分すぎる明るさ

Low Power

電池が長持ちするローモード。
テントの中やゆっくり過ごす時に使ってます。
ほとんどこのモードしか使ってません

Mid Power

ほどよい明かり
遠くからでもよく見えるほど明るい

Boost

短時間に最大出力を発揮。
ムスカが「目が〜目が〜〜」というレベルの明るさ。
夜に急遽撤収することになっても忘れ物がなく立ち去れます。

Blink

点滅するので、自転車の灯火に使ってます。

電池について

電池はバッテリーで充電
単3電池も使えるので、バッテリーがなくなっても安心です。

充電が専用のアダプターが必要なのがネックな気もしますが、45時間使えるのと、単3電池を入れておけば充分。
3泊ぐらいは余裕で持ちます。
多分、1週間ぐらいは大丈夫かな…。

IPX6に対応している

最近書かれていることが多い
これは規格があって、水に対してどれくらい耐水できるかの規格です。
0〜8の9段階あってIPX6強い噴水流をかけても大丈夫らしい。
雨の日のキャンプの安全ですよね。

レッドレンザーについて書いたんですけどやっぱり軽いのは正義
シェードも売られているので今後チェックです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください