アルミ缶の塗装を落とす方法

アルコールストーブや燃料ケースをアルミ缶で自作するときに塗装を落とすのって大変ですよね。
今回塗装を落とす方法をお伝えします。

剥離剤を使ってやる

これを使うと一発で落ちます。
ホームセンターで800円以下で売っています。

使ったのが塗装はがし剤 水性タイプ
あまり臭いが気にならないものです。

こいつを刷毛で塗っていくそうですが、面倒なので、ビニール袋に入れて薬剤を入れて、20分放置します。

その間に、ピカールや研磨剤を用意しましょう。
スチールウールは絶対必要です。

アルミ缶の塗装をはいでいく

20分たったら袋から出して塗装を取っていきましょう。
スチールウールにビニール袋の薬剤を付けてこすっていくとあら不思議。

めっちゃ簡単に取れます。

その動画を作りました。

アルミ缶の塗装が取れにくいタイプも

ウコンの力はスルスル取れますが、L-137乳酸菌飲料は取れにくい。
ファイアのスチール缶は、フィルムが貼っているので全く取れませんでした。

そんな時は、燃やす、削るを駆使して塗装は剥がれます。

塗装は厚くないので根気があればなんとでもなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください