欲望渦巻くほほえみの国

5カ国目 タイ

使い古されている言葉で、タイはバックパッカーの聖地と呼ばれる。

日本人も多く地方へ行く拠点、世界一周に行った人、現地で働く人様々、色々な経験をしてきた人たちの話は飽きないし、新鮮だった。

微笑みの国 タイ王国

はじめて日本人宿に泊まり、タイで働いてる人と仲良くなった。

タローさんと出会う

その人の紹介で、タイで貿易会社をしているタローさんの家にお邪魔することになった。

タローさんはスキンヘッドで細目のちょい悪系の60歳だったが、微笑むと温和な感じのおじさんだった。

家はミッドセンチュリーの家具、オシャレな照明、タイドリームという言葉を実現していた。

タローさんは料理が趣味で、アイランドキッチンでは、料理が手際良く盛り付けられ、テーブルの上に甘辛のタイ料理が並ぶ。

もちろん美味しい。

そして、どの料理もお酒が進む

仕事の話やタイの事について、話が盛り上がった。
気づけば、かなりの時間が経っていた。

夜になって

そんな時、ガレージに一台のベンツが止まり、男前なマッチョなタイ人が降りてきた。
彼は、タローさんのビジネスパートナーらしい。
彼は眠かったらしく、あいさつもほどほどに2階にある寝室に上がろうとした。

2階に上がる彼のお尻をタローさんはソフトタッチで撫でていたのを見てしまった。

その瞬間、酔いがさめ、足早にタローさんの家を後にした。

マッチョなタイ人はビジネスパートナーだけでなく夜のパートナーでもあった。

欲望の渦巻く微笑みの国タイ王国

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。
クリックするとジャンプして喜びます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください